ダイナミックスポーツ医学研究所

Dynamic Sports Medicine Institute

Since 1973

02_01[1].gif

当研究所は、わが国で最も古いスポーツ医療機関です。
スポーツ外傷・障害に関する研究を重ねるとともに治療から予防までの一貫した対策を実施してきました。
当研究所は従来のようにスポーツによって受傷した患者を単に治療するのではなく、自信をもってスポーツ復帰できるところまで回復・強化し、再発を防止することを目的としています。
また、メディカルチェック・フィットネスチェック等を実施して危険因子や弱点を見つけだし、改善することによって、外傷・障害を予防することにも重点をおいています。

| HOME | スポーツ |

IMG_0001 take.jpg

科学的トレーニングとリハビリテーションが結びついた画期的なダイナミック療法のサポートがあったことが、私の落馬による怪我から早期復帰できた大きな要因であったと確信しています。         

                      騎手  武 豊

柳本監督.jpg
元全日本女子バレーボールチーム監督
柳本 晶一
元新日鉄・元東洋紡
バレーボールチーム監督

ダイナミックスポーツ医学研究所は医師とトレーナーが渾然一体となり、幅広く活動している実績のある信頼できるスポーツ医学のエキスパート集団です。

IMG_0001 ogi.jpg
元サントリーバレーボールチーム
現サントリーバレーボールヘッドコーチ
荻野 正二

サントリーと全日本での私のバレー人生の中で、何度か障害のためにプレーができなくなる時期がありました。  その時にダイナミック療法に出合い、今日までプレーを続けることができました。今後ともよろしくお願いします。

IMG_0001 onishi.jpg
元神戸製鋼ラグビー部主将
プロラグビーコーチ
大西 一平

スポーツにおけるコンディショニングは、肉体以前に精神にあるとダイナミックスポーツ医学研究所で学びました。 そのスポーツが好きなのか、自分にとって大切なものなのかを常に選手に問いかけるのもコンディショニングの重要なポイントだと思います。

IMG_0001 saeki.jpg
元横浜ベイスターズ
佐伯 貴弘

学生時代、故障に泣かされた私は、大久保先生とダイナミックのトレーナーに大変お世話になりました。
今も続けているトレーニングは、その時に培ったものです。

2008_0307_280.jpg
プロサーファー
堀口 真平

2006年 Red Bull 日本人初の契約プロ
主な戦歴・・・
・「エクセルプロ」 7位
・2004年2月 Hawaii Pipeline WQS2スターイベント「ハンセン・エナジープロ」17位

ダイナミックスポーツ医学研究所でコンディショニングの重要性を教わり、パフォーマンスが向上しました。また、怪我をした時に早期復帰へのサポートが助かりました。

20090105150325-12.jpg
プロゴルフコーチ
江連 忠

私は10年前からダイナミックスポーツ医学研究所で筋弾性や重力など自然のパワーを利用するトレーニングを実践しました。これらは、ゴルフにも通じるトレーニング方法です。