ダイナミックスポーツ医学研究所

Dynamic Sports Medicine Institute

Since 1973

表紙.png

| HOME | 概要・沿革 | 元気高齢者 |

04_01[1].gif


高齢化社会の到来、そして生活習慣病が蔓延する現代。
事後対策としての介護や治療はもちろん大切ですが、長期的にみれば健康度の改善をはかる事前の対策が有効です。
当研究所では、発足当初より高齢者の運動療法を実践し、成果をあげてきました。
この実績をもとにした「個別と集団の運動療法プログラム」により、個人とコミュニティ、施設における健康増進事業をサポートします。

●「個別と集団の運動療法プログラム」

【目的】
・加齢に伴う身体機能低下の回復と防止
・生活習慣病の改善と予防
・スポーツ活動のための基礎体力づくり

【対象疾患】
・肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの内科疾患
・腰痛、肩こり、五十肩、膝関節症、 股関節症などの整形外科疾患

【スポーツ種目】
・ウォーキング  ・ジョギング 
・登山
・ゴルフ 
・テニス 
・スキー など





☆ 田中 玲子 (タナカ レイコ 55歳)
全盲女子マラソン世界記録保持者
(3時間17分50秒)。  記録更新をめざしてトレーニング実施中。
04_06 田中.jpg04_07 田中.jpg


☆ 大野 英智 (オオノ ヒデサト 79歳)
ダイナミックスポーツ医学研究所でトレーニングを20年以上継続。
現在、競技スキーヤーとして活躍中。
04_11 大野.jpg04_10 大野.jpg